京生麩のお店 愛麩


【会社URL:http://www.manafu.jp

Suger,Rush!

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京都市左京区にある「愛麩-MANAFU–」は、色とりどりの生麩スイーツや田楽を目でも舌でも楽しめる、京生麩のお店です。風情のある伝統的な店構えと裏腹に内装はモダンでお洒落。洗練された現代の京都を感じさせます。そしてカラフルでキュートな生麩田楽が並んでいるショーケースを目にすると、ワクワクして思わず笑顔になってしまいます。生麩は低カロリーで高タンパク。健康的に栄養を摂取できる優秀食材なので、ダイエットにも最適ですし、おやつにも、お酒のおつまみにもピッタリです。フワフワモチモチとした食感だけでも病みつきになりそうな魅力がありますが、生麩自体には特に味が無いので、おつまみにもスイーツにも、そして主役にも脇役にもなる不思議な食材です。変幻自在にアレンジが楽しめるので飽きさせず、生麩の魅力を求めて何度でも通いたくなります。おつまみ系なら、よもぎ麩や道明寺麩に田楽味噌をつけたカラフル田楽barや、ガーリックペッパー、チリソース、磯辺焼き、明太マヨなど、バラエティ豊かな生麩があります。京都限定のサントリー・ザ・プレミアムモルツやハイボールと一緒に堪能すると、話も弾んで楽しいひと時が過ごせます。スイーツ系なら、かぼちゃ麩に抹茶きな粉をコーティングして高級丹波大納言と栗をトッピングしたbarや、かぼちゃ麩に高級チョコをコーディングしたパンプキンチョコなど、和風にも洋風にも楽しめる品揃えです。ピーナツバターにアーモンドをトッピングしたり、ドライフルーツが所狭しとトッピングされたパンプキンドライフルーツbarなど、目移りしてしまうほどバラエティ豊かです。他にも、紅葉形のモチモチ花麩と可愛いチリ麩がコラボした宇治抹茶ソフトクリームや、幸せを呼ぶ伝統の嫁入り菓子「おいり」入りパフェなど、「見て良し」「食べて良し」「撮って良し」の三拍子が揃った華やかなスイーツも好評です。冬には、可愛い花麩を浮かべた、丹波大納言餡のぜんざいで温まるのも良いですね。
Tagged on: , 京生麩のお店 愛麩