家具図面・建具図面のSetupセットアップ


【会社URL:https://setup-net.com/

Suger,Rush!

家具図面のことならセットアップにお任せ下さい。当社は、商業施設やマンションの家具図面、建具図面、造作図面、内装図面を作図し、CADのデータ変換サービスも承っております。現場経験を生かした作図と20年の実績を元にご用命戴いております。

設計事務所の関連情報

設計事務所(せっけいじむしょ)とは、設計活動を主とする営利の業務をおこなっている職場、事務所の呼称。設計業務を事業者として行う者の職場・事業所などを指す。
※テキストはWikipedia より引用しています。

幅広い図面の作成を行なっているSet upの業務対象となるのは、建物ばかりではありません。家具図面の作成も依頼でき、収納機能を重視したものからガラスなど特殊な素材を使用したものまで様々なタイプに対応できます。できあがるのは施工図面や製作図面という種類で、意匠図面や設計図面とは異なり、実際に作成するための具体的な情報としての使用が想定されています。設計図が一般的に曖昧な数値を含んでいるのに対して、施工図面は全体はもちろん細かな部分までも記載するのが特徴です。元となるのは家具そのものの設計図と平面情報を記した図面で、そこに工事の内訳やモデルルームの情報があればさらに効率かを図れることがあります。非常に数多くの図面の設計を手掛けているため、料金は定まっていません。具体的な額を知りたいのであれば、問い合わせをする必要があります。Set upは、図面の作成が依頼される程の家具であれば一点物の可能性も高いと考え、設計図に含まれた意図をしっかりと読み取ることに力を入れています。つまり家具図面はただ作成するための数値や記号だけではなく、設計者と製作者の意図をそれぞれに伝えるためのツールの役割も果たしているというわけです。実際に図面として起こしていく際には設計図に忠実に従って進められ、コストのことを考えて勝手に分割したり、過剰仕様にならないように注意されます。もし加工が必要な場合は、複雑な構造は表に現れる部分だけに留め、内部は可能な限りシンプルなものとなるように工夫が施されます。そして現場との折り合いのことも考え、実際に設置する際に起こるであろう歪みや寸法違いまでも想定した作図が行なわれます。そこには搬入するための機械の大きさといった要素も含まれ、必要と考えられる分割や構造も考慮されます。それぞれ異なる家具に対して、最適だと考えられるサポートの役割を果たす工夫が、至るところに組み込まれた図面となるでしょう。
Tagged on: , 家具図面・建具図面のSetupセットアップ